peonialily’sサロン

鍼灸&スピリチュアルヒーリング

少しは思いやりをもってくださいよ?

ベランダの小松菜が「そろそろ収穫してもいい頃かな?」という大きさに育ちました。

 

雪に当たっても・冷たい強風に当たっても元気に育ち、「命って素晴らしい!」なんて感激していたのです。

 

 

「明日の遅番出勤の前に収穫しよう」

 

 

 

 

で、今日帰宅後ベランダを見たら…

 

 

 

「ふあ〜〜〜〜〜〜〜⁈」

 

 

 

f:id:peonialily:20220122172445j:image

f:id:peonialily:20220122172449j:image

「え⁈何⁈」

 

「鳥に喰われてるーーーーー‼︎‼︎‼︎」

 

 

「や、やられたーーー!」

 

f:id:peonialily:20220122173121j:image

↑食べられて葉先がギザギザ

 

 

寒いから虫は来ないと安心していました。

だから網とか掛けていなくて…

まさか、鳥に食べられるとは…

 

プランターの周りは鳥の糞に混じり、何かの種も落ちていました。

 

何の実を食べたのだろう?

そのなんやらの実だけでは、足りなかったってこと?

 

 

自然のことだから仕方ないと腹は立たなかったのだけど、生まれて初めて育てた小松菜。

せめて一番初めに私が食べたかった…(涙涙涙)

 

「私たちも食べたいけど、初めてならあなたに譲るわ」って、鳥さん達思ってくれませんかね⁈少しは思いやりを持って欲しかったっす…

 

 

「これ以上食べられてなるものか」

と薄暗い夕焼けの中収穫。

 

食べられた小松菜を捨てるのは勿体無いので、食べられた葉先だけ鋏で切り落としました。

f:id:peonialily:20220122174600j:image

切りながら、

「小松菜とレタス・金カブ・コールラビの中で、食べられたのは小松菜とコールラビ

金カブは葉にトゲ?毛?みたいなものがついてるから食べなかったってこと?

レタスも頃合いが良かったけど、苦いから食べなかったってこと?

 

 

…え?

何?

 

 

味、わかんの?

 

 

小松菜が食べ頃になるのが分かってて、育つのを待ってたってこと?」

 

 

 

そう思ったら、腹がだんだん立ってきて「自然のことだから仕方ないよね」なんて考えは宇宙の彼方に吹き飛びました。

 

そして「奴らに食われないようにするにはどうしたら?」と(「鳥さん達」ではなく「奴ら」に降格)既に頭の中は網やら烏よけの模型のこととかで一杯に…

 

人間(私)って恐ろしいっす

 

収穫した小松菜は炒め物にして、頂きますわ。

 

人生、何が起こるか分からないですね