peonialily’sサロン

鍼灸&スピリチュアルヒーリング

決断する

「午後の先生(医師の白衣を掛ける)の衣紋掛け(えもんかけ)、準備しといたよー」

とか

ママレモン貸してー(実際はジョイ)」

とか

職場で言ったりしますが、昭和生まれの同僚にしか通じません・・・

平成生まれの同僚には意味が通じず(汗)

世代の差を感じます。

言葉も日々変化していきますよね。

f:id:peonialily:20210620104805j:image

 

話は変わりますが、

「コロナワクチン接種は済んだのですか?」

と、患者さんによく聞かれます。

 

 

私はまだ接種していません。

 

 

医療従事者なので一般の方より早く受けられたのですが「まだ受けない」と決断しました。

 

とはいえ、同僚からは「受けないでいたら、医療業務が出来ないんじゃないですか?」と半ば強制的に接種するように言われましたが…

 

でも、接種する事についてどうしても納得がいかなかったのです。

 

・まだ開発からさほど時間が経っておらず、短期的・長期的にみて人体への影響がわからないこと

・本当に感染防止効果(もしくは発症しても重症化にならない)があるのかが不明なこと

・一度接種したら、毎年受けなくてもよいのか?

・未承認薬であること

・mRNAを使用していること

 

上記の事が私はハッキリとわからなかったので、「まだ接種は受けない」と決断しました。

 

あの当時、政府やマスコミからの報道では「医療従事者は接種しましょう!」とやたらに勧めていましたが、報道からは私が知りたい上記の事についての記載はなく…

 

当たり前ですよね、だって未承認薬で「治験中」だから、どこまで感染防止効果があるかわからないし、短期的・長期的なデータもないわけで。

 

訳の分からないものを人体に入れる…

医療従事者でも怖いものは怖いです。

人間ですから。

 

とはいえ、周囲が接種をしている中で「接種をしない」と決断するのも勇気がいりました。

接種した人達からしたら、していない私と働くのは不安になるでしょうし…。

 

本来なら「接種する・しない」を決めるのは、個人の自由です。だから職場で接種を強要するべきではありません。

 

(因みに厚労省のHPには「接種を受けなかったからといって、医療業務に従事できなくなるわけではありません。職場などで接種を強要することのないようお願いします」…的なことの記載があります。)

 

報道をみていると「ワクチンさえ接種していれば、感染しない」って印象に受け取られがちです。

しかし報道を鵜呑みにせず、自分で情報を集め、自分で考え、自分で判断する。

ということがこれからは必要になってきます。

 

「言われたからその通りにした」と何でも他人任せにするのではなく、自分で情報を集め、考え、自分で決めた事に責任をもつこと。

「言われたからその通りにした」としても、それが悪いとか間違ってるとかではありません。

ワクチン接種に限らず、人には色んな価値観があります。

 

自分の価値観を押し付ける事なく、お互いの意見や決断を尊重しあえるようになれるといいですね。

 

ワクチン接種はご自身でよく考えてから、「接種するか・しないか」を決めることをお勧めします。

 

皆さんが笑顔溢れる日々を過ごせるよう、お祈りしています。