peonialily’sサロン

鍼灸&スピリチュアルヒーリング

先人に感謝

先日、両国の「江島杉山神社」を訪れました↓

f:id:peonialily:20200927215812j:image

以前とは打って変わり、綺麗な建物が敷地内にできていました(この場所でお守りが販売されていましたよ。社務所?っていうのかな?)

 

ここは「杉山和一」の屋敷跡でした。

で、神社は弁財天と杉山和一が祀られています。

 

境内に江ノ島の洞窟に似せて作られた岩屋があるのですが、どなたが祀られているかというとこちらの方々↓

f:id:peonialily:20200927204853j:image

 

杉山和一って誰?

彼の生まれは武家の長男でしたが、幼い頃に伝染病で失明し、義弟に家督を譲り、鍼師になった方です。

 

若い頃、視覚障害のある鍼師に弟子入りし様々な苦労を重ねましたが(この方、物覚えが大変悪く、その上かなりの無器用だったそうです)、破門されてしまいます…。

 

「失明した自分が生きていくには、この仕事しかない」と芸能の神様である江ノ島弁財天の洞窟にこもり、断食修行します。

 

修行の帰りに洞窟の中で石につまづき転び、その時松葉が刺さったのです。

ですが痛みが全くありません!

 

何故⁈

 

よく調べると筒状の物の中に松葉があり、それが刺さった様子。

「自分のような下手な者でも、筒状の物に鍼を入れてから刺せば、痛くない!」と偶然から発見したのです。

 

この後彼は京都で修行、再び江戸に戻り徳川綱吉お抱えの鍼師となります。

 

この「管に鍼を入れて刺す」方法は「管鍼法」と呼ばれ、日本鍼灸の主となり現在まで続いています。

 

それまで日本は中医学(中国鍼灸)のように、鍼を直接身体に刺していました。

腕が良くないと痛いんですよ…この刺し方。

だけど管鍼法のお陰で痛みがなく刺せるようになったのです。

杉山和一がいなければ、今の日本鍼灸はなかったのです。

 

しかも彼は綱吉から本所一つ目に土地を賜り、この場所に世界初の盲目の方のための鍼治講習所を開き、教育にも力を入れます。

凄い人ですね!

 

なので鍼灸学生は合格祈願に訪れたりします。

私もお世話になりました(が国試の時は湯島天神の鉛筆を使いました…杉山先生すいません)

 

 

 

社殿の入り口には何故かこのようなチラシが↓

f:id:peonialily:20200927203645j:image

↑はい、その通りでございます…

 

本殿には杉山和一が祀っていた弁財天の絵が飾られていました↓

f:id:peonialily:20200927215942j:image
f:id:peonialily:20200927215946j:image

 

11月から流山おおたかの森・ミッケ!の出店で鍼灸施術を始めるにあたりお参りしました。

 

先人のお陰で現在の鍼灸師達は「痛くない優しい鍼」を刺せるのです。

本当に有難い事です。

先人の知恵に感謝です。

f:id:peonialily:20200927221709j:image

 

次回対面セッションは流山おおたかの森・ミッケ!にて10/8の10:00〜12:00まで行います。

基本予約制ですが、空きがあればミッケ!へ直接来て頂ければお受け致します。

 

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

#江島杉山神社#鍼灸#弁財天#スピリチュアルリーディング・ヒーリング#透視#鍼灸・ヒーリングサロンPeonia Lily#これからの生き方#ゆらぎ世代#流山おおたかの森#ミッケ!