peonialily’sサロン

鍼灸&ヒーリング

身体の基となるもの

先日、インドの方が開催した「手作りサモサ教室」に参加してきました。

 

スパイスだけでも沢山入ります↓

(写真に写っていないスパイスもあります)

f:id:peonialily:20190806220904j:image

 

 

スパイスを入れて、混ぜ混ぜ・・・具を作ります。

 

f:id:peonialily:20190806220921j:image

 

皮も小麦粉から作りました。

生地を発酵させ、具を入れます。

同じ大きさの皮を使っても、入れる具の量がまちまち・・・

作る人の性格が出ます↓

 私が作ったのは、どれでしょう?

f:id:peonialily:20190806220935j:image

 

油でゆっくりゆっくり、じっくりじっくり揚げます。

 

揚げている間、

・インドでは家族のために料理はほぼ手作り(外食は何が中に入っているか分からない)

・作り置きはしない

・ケミカルなものはとらない

・スパイスを多用し身体に負担にならないように(例えば揚げ物を作るときは、胃に負担がかからないように消化を助けるスパイスを入れる・ショウガやニンニクはすり下ろさない、石臼でつぶす→繊維が壊れないようにetc・・・)

などの食事に関するお話や、

 

宗教や階級(カースト)が違う人同士の結婚について・・・など、様々なお話が聞けました。

 

で、出来上がったサモサとサラダはこちら↓

f:id:peonialily:20190806221020j:image

 

結構なボリュームでしたが、全然胃がもたれなかったのが不思議!

やはり消化を助けるスパイスが入っていたせいでしょうか。

 

で、思い出したのですが、以前TVのバラエティ番組でインド料理店の定員さん達が「漢方薬局の漢方でカレーを作る」というミッションを受ける・・・というのをしていました。

 

「え〜っ?TV局って意地悪だな」と思いつつ見ていると・・・

薬剤師の方に「これは何だ?」と聞きながら薬剤の引き出しを次から次へと開け、

ブレンド

 

本当にカレーが出来ました・・・!

 

味見は薬局員の方達。

「・・・おいしい!自分たちが扱っている薬(漢方)が食事になるなんて!」

と感動していました。

 

インドの知恵って凄いですね!

 

食事は「身体を作るもの」です。

忙しい現代、手軽に食べられる惣菜や油たっぷりのお弁当は便利ですが、サモサ作りで「食べる」という事の本来の意味をもう一度考えるきっかけとなりました。

 

皆さんも普段の「食事」を一度見直してみては?