peonialily’sサロン

鍼灸&ヒーリング

チューリップ

乃木坂にある、国立新美術館へ行って来ました。

美術館前の桜は満開で、多くの人が写真を撮っていました

f:id:peonialily:20190407232429j:image

f:id:peonialily:20190407232438j:image

 

桜も美しかったのですが、私のお目当はこれ↓

f:id:peonialily:20190407232455j:image

はい、美しい物に惹かれるのです。

 

ですが、今回は素直に「美しい」と感じるよりも

 

「この剣を作るのにどれほどの時間がかかったのだろう?

ルビーは誰が採掘して・どうやって運ばれ・どのように磨かれ・誰がデザインして・鋼はどこから採掘して運んで、誰が鍛えて・金で覆い・宝石を埋め込まれたのだろう?」

 と莫大な費用・時間・人件費のこと考えてしまいました。

 

でもそれで国民に雇用がうまれ、給与が支払われれば、国民の為になっているのかな?

 

 

ポスターにもありますが、オスマン帝国ではチューリップが工芸品のデザインとして多用されていました。

 

それには理由があって、チューリップはトルコ語で「ラーレ」。

オスマントルコ語の表記に使用されていたアラビア文字で、ラーレの綴りの文字配列を変えるとイスラム教の神アッラーという言葉になります。

 

さらにアラビア文字で表記されたラーレを語末から読むとトルコ国旗に描かれている三日月(ヒラール)という言葉に変わります。

 

こういった理由からチューリップは宗教的・国家の象徴として多用されているそうです。

 

展示品のあらゆる物にチューリップが描かれ、王や大臣も家にチューリップを飾っていたようです。

花を愛する国家なんて素敵ですね。

 

桜も散り始め、これからはチューリップが咲き始めます。

皆さんはチューリップ、お好きですか?

f:id:peonialily:20190410202643j:image