peonialily’sサロン

鍼灸&ヒーリング

ハイヤーセルフとつながる

ハイヤーセルフとは一体なんぞや?」

 

ざっくり言うと、ハイヤーセルフは「魂の全ての転生を司る、高次の自分=Higher self」です。

高い次元からこの物質世界(地球)に生きている`自分`を見守り、導いています。

なので、自分に起こっている事(過去世・現在の自分・近い将来起こるであろう事)は全て知っています。

 

私たちは透視が出来なくても常にハイヤーセルフと繋がっています。

ハイヤーセルフは私たちにメッセージを送っていますが、私たちが気づかないだけなのです。

 

例えば、夢の中でメッセージを送ってくれたり、何となくこっちかな?なんていう直感もハイヤーからのメッセージだったりします。

 

 

先日『面白いTVないかな〜」とチャンネルをかえていたら、俳優の片岡鶴太郎さんが出演している番組を発見。

 

ボクシングプロになったり、日本画描いたり、ヨガにはまったり・・・

私は「この人は一体何をしたい人なんだろう?」と常々思っていたので、番組を見ることに。

 

番組で鶴太郎さんの生き方を取材。

その中で「魂の歓喜」という言葉を幾度となく口にする鶴太郎さん。

 

鶴太郎さんは「自分の心の声を大切に生きてきた」と。

 

ボクシングは子供の頃からの夢だった。

プロテストには年齢制限があり、気づけば自分はもう制限ぎりぎりの年齢・・・

死ぬときに後悔したくない・・・と挑戦したこと。

 

ある時、椿の花びらに朝露がついているのを見て、心の底から感動。

「この美しさを、感動を、他の人にも伝えたい」

日本画を描き始めたこと。

 

俳優の仕事をしていて自分の思うようにいかず、先輩に相談したら「瞑想しなさい」と勧められ、実践。

 

瞑想するときに指導者に「瞑想にはヨガが必要なのだ」と聞き、ヨガを実践するうちにどんどんはまっていった事・・・

 

「僕は”やってみたい・やりたい”という自分の心の声に従ったんです。

そうすると”魂”が喜ぶんです。”魂が歓喜”するんです。

生きてて楽しいし、楽になるんです」

と目を輝かせていました。

 

鶴太郎さんは心の声に従って生きてきたのですね

 

インタビュアーの「鶴太郎さんのように”生き生きと生きる”にはどうしたらいいか?

のアドバイスはありますか?」との問いに

 

「自分の心の声に従うこと。

自分が”これやりたいな〜”と思っても”でも会社もあるし、お金が・・・”とか

”どうせ始めても長続きしないし””どうせしたところで・・・”

”人目が気になるし・・・”なんて思っちゃうでしょ?

そう思わないでやってみる。

心の声に従う。

そうしていたら毎日が楽しくなる。心が喜ぶ。魂が歓喜します」

 

 

 

以前、透視スクールの先生から「ヨガは瞑想するための体力をつけるためのもので、体を柔らかくするためのものじゃないんですよ、本来は。

長い時間瞑想する体力をつけるため、そしてハイヤーセルフと繋がるためにするもんなんですよね」

と聞いた事があります。

 

鶴太郎さんはヨガと瞑想を毎日欠かさず行っているし+心の声に従う生き方って、

既にハイヤーセルフと繋がった生き方じゃないですか・・・!

 

ハイヤーセルフに繋がるには、透視や瞑想が必要不可欠じゃないんです

(やらないにこしたことはないんですが)。

冒頭に述べたように、もう既に皆さん繋がっているんです。

無意識にコミュニケーションをとっているんです。

 

ハイヤーセルフと繋がる事によって、

この世に生まれる前に「今生ではこのように生きよう」と決めた目的に沿って、本来の自分の人生を歩めるのです。

 

しかし自分の直感(魂からのメッセージ)や心(魂)の声に気づかなかったり、ハイヤーセルフが生まれる前に決めた目的に沿って人生に変化を起こしても、私たちが受け入れずに抵抗していると、ハイヤーセルフは人生を見守るどころか傍観したり、今生の人生を諦めてしまいます。

 

しかし鶴太郎さんのように自分の心の声を信じる、従う、心が喜ぶ事をする(魂が歓喜する)・・・をしていれば、段々とハイヤーとの繋がりが強くなります。

 

 

皆さんもご自身の心の声や直感に敏感になってみてはどうでしょうか?

自分でも気づかなかった思いや気持ちに気づいたり、自分が進むべき道がみえてくるかもしれません。

 

皆さんが「生き生きと生きられる」事をお祈りしています


f:id:peonialily:20181130211809j:plain