peonialily’sサロン

鍼灸&ヒーリング

絵画を透視する

先日西洋美術館で開催中の「ルーベンス展」と、上野の森美術館の「フェルメール展」へ行って来ました。

 

フェルメール展、指定時間に行きましたが長蛇の列...

30分程並んで、やっと美術館へ入場となりました。

館内も混雑…中々近くで絵画を観られません...

 

今回のお目当ての絵画はこちら↓

真珠の首飾りの女」

f:id:peonialily:20181103182409j:plain

 

何故観に行ったかというと...

 

2年前にお客としてPARAMITA(パラミタ)透視スクールの廣光先生にリーディングを受けたのですが、

 

「過去世でフェルメールとご縁があったみたいですよ。「真珠の首飾りの女」を観るといいみたいです。是非観て下さい」

 と言われたのです。

 

恥ずかしながら、私はこの絵の事は知りませんでした。

でも「ご縁がある」って言われたからには、一度は見てみたい...

 

調べるとこの絵はベルリン美術館所有のもので、日本では観る事が出来ません。

 今回のフェルメール展に「真珠の首飾りの女」が出展すると知り、観に行きました。

 

絵の前は常に人混みで近くに寄れず...

遠くから眺めて...ハイ、終了〜!

 

遠くから絵を観ても、正直何も感じず…

「近くで観られないなら、この絵を遠隔透視することは出来るかな?」と帰宅。

 

PARAMITA透視スクールの廣光先生に質問すると

「絵画も透視出来ますよ〜。是非観てみて!」との事。

 

自宅で絵を遠隔リーディングすると、少しずつですが見えてきました

 

フェルエールの自宅サロン、そこに1人の愛らしいお顔をした男性がいて、

それから清掃の行き届いた寝室が見え、おそらく奥様であろう細身の女性、窓の外に見える風景、フェルメールが亡くなった後の子供達の不安そうにしている様子などなど・・・

 

そして、この絵の窓枠の上に卵が描かれているのですが、そこから「恋はいずれ愛となり、結ばれて’命’が誕生する。それを意図した絵である」とメッセージが降りてきました。

 

 

・・・「私の透視、ホントかいな?

私が知らないだけで、既に解釈とかあるんでないの?」

 

と「フェルメール 真珠の首飾りの女 卵」でネットを検索。

 

ネットによると、窓枠の卵は”受胎告知”を意味する説があるみたいです。

 

「命の誕生」という事で、透視の結果と受胎告知説と共通点があるようなのだけど、ホントの所はフェルメール本人に聞かないとわかんないですよね

 

「絵」を透視出来るなんて面白い!

 

だけども、過去生で私がどのようにフェルメールと関わっていたのかは分かりませんでした・・・残念

 

ちなみに透視は人間・ペットだけでなく、「物体」のエネルギーももちろんみることも出来ます。

(セッションの時に「お財布のエネルギーを見て欲しいのだけど・・・」という事も出来るので、ご希望の方はセッション時にお申し付け下さい)

 

 

フェルメール展は東京展が2019.2.3まで、大阪展が2019.2.16〜5.12までとなっています。

お時間のある方は是非行ってみて下さいね!