peonialily’sサロン

鍼灸&ヒーリング

お餅を見ると思い出す

昨日1月15日は小正月でした。

 

どんど焼きの火で、お餅や 団子を焼いて食べた方もいらっしゃるのでは?

 

お餅と言えば、「腹診」の授業を思い出します。

 

鍼灸治療は「望診・聞診・問診・切診」と4つの方法で診断し、治療方針を決めます。

 

その中の「切診」は脈やお腹を診たりします。

 

「切診」の授業で先生に「いいお腹ってのはね、つきたてのお餅の様な・赤ちゃんのお腹の様な・ふっくらして温かく、硬くなく・柔らか過ぎないお腹なのよ〜」と習いました。

 

しかし私は、その様なお腹の人を赤ちゃん以外で見たことがありません…

 

生徒同士で練習する時も見たことがない、患者さんでも見たことがない、もちろん私のお腹もそんなお腹ではない…

 

そんな素晴らしいお腹を、赤ちゃん以外で見てみたいものです(^-^)。

 

皆さんのお腹はどんなお腹ですか?